スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
第56回 トムの会報告
2014 / 05 / 06 ( Tue )
第56回トムの会は、新年度を迎えて初のトムの会となりました。新学期準備のご多用の中、20名もの先生方にご参加いただきました。ありがとうございました。

今回は、学級開き年度初めに、気をつけていること・工夫していることなどについて、それぞれの立場からお話しいただきました。

〈学級担任より〉
・予定の提示、視覚情報、実態からその子の行動を予想し対応する。
・教科書にフリガナをふってあげる。適切なクールダウンを取らせる。
・前年度までの情報を引き継いだ。自分で実態を見て、情報を活用する。

〈学童保育より〉
・狭い部屋に多数の子どもを預かっている。トラブルも多い。
・学校と学童との連絡会あり。
・子どもたち同士で解決できる力を。そのための「見守り」。

〈特別支援教育支援員より〉
・今、対応している子について。日本語が通じない、外国籍の子への支援の難しさ。


次回5月9日(金)18:30~ 浦和パルコ10階第2集会室の予定です。皆さんのご参加、お待ちしています。
22 : 34 : 46 | トムの会 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第55回 トムの会報告
2014 / 03 / 25 ( Tue )
3月7日(金)に川口パートナーステーションにて、第55回トムの会が行われました。
学年末にもかかわらず、10名の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

今回は特別支援学級から通常学級への措置替えに際して、どのような支援ができるかについて話し合われました。Aくんの課題や長所、具体的な支援方法についてたくさんのアイディアが出されました。

次回は4月18日(金)浦和パルコ10階コムナーレ第4集会室です。今年度のトムの会の活動について意見を交わしたいと思います。
06 : 50 : 13 | トムの会 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第54回 トムの会報告
2014 / 01 / 18 ( Sat )
1月17日に第54回トムの会が開かれました。事例検討会を行いました。
多数のご参加ありがとうございました。
06 : 39 : 16 | トムの会 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第53回 トムの会報告
2013 / 12 / 20 ( Fri )
12月13日(金)に第53回トムの会が行われました。師走の多忙な時期にもかかわらず16名の先生方にご参加いただきました。

今回は小学校2年生の女子について事例検討会を行いました。
〈主訴〉 空気が読めず、トラブルが多い。自分ができないのにお節介を焼く。

〈参加者からの意見〉 
・ごほうびシステムがぴったり合いそう。
・アセスメントをしっかり取ること。視覚優位か?聴覚優位か?
・担任が温かくAちゃんに対応していて、素晴らしい。
・親の障害受容はとても難しいもの。母親支援が必要。
 「お母さんは愛情いっぱいかけてあげているよね。けれど子どものアンテナの受け止め方が微弱だから、もっともっと愛情をかけてあげなくちゃね。」など、母親を認めつつ、支援をしていくとよいのでは。

次回は1月17日(金)です。次回はいつもと違い、川口駅前ビルのきゅぽらM4階にある、市民パートナーステーション会議室1で行われます。時間はいつも通り18:30~です。
小学校通常学級の児童について事例検討会を行う予定です。たくさんの方のご参加お待ちしています。
06 : 36 : 31 | トムの会 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第52回 トムの会報告
2013 / 11 / 18 ( Mon )
11月15日(金)に第52回トムの会がありました。22名の先生方にご参加いただきました。

学童保育さんから、気になる小学生について事例提供がありました。
学童さんの積極的なはたらきかけによって、保護者と学校と連携して、Aくんを医療までにつなげることができた事例でした。

Aくんの暴力を減らすにはどうすればいいか、学校との連携をどう取っていくべきかが相談内容に対して、先生方の話し合いの結果は、

・学童さんを中心に十分に連携が取れていることが素晴らしい。
愛着の課題とADHDの課題と両方ありそうか?
・学童さんだからできる母親的なスキンシップをAくんに取っていくとよいのではないか。愛情の追体験を。
・Aくんへの受容と共感を。
・協力的なので父親へのコーチングをしていくとよい。
・特別支援学校のセンター的機能を利用しての巡回相談はどうか。
学校側から学童さんへの連携を積極的に取っていく必要がある。教員側の反省。

でした。

次回は12月13日(金)第10集会室にて。
小学校通常学級の児童について事例検討を行う予定です。
みなさんのご参加をお待ちしております。
06 : 23 : 26 | トムの会 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。